2013年12月17日

お湯で手を洗うのはエネルギーの無駄

 インフルエンザの季節到来! 多くのアメリカ人が感染を避けようと、うがい手洗いに躍起になっている。
しかし、ヴァンダービルト大学の研究チームの忠告によれば、手洗いに関する常識は白紙に戻した方が良さそうだ。
アメリカ人が蛇口をひねる度に、地球の病を悪化させている可能性が高い。

 テネシー州にあるヴァンダービルト・エネルギー環境研究所(Vanderbilt Institute for Energy and Environment)の
助教アマンダ・R・カリコ(Amanda R. Carrico)氏はナショナル ジオグラフィックの取材に対し、
手洗いは多くの場合、「その人が最善と思う方法で行われているが、
実際は間違った信念や時代遅れの認識に基づいている」と述べている。

「確かに熱は有効だが、手洗いに使う水の温度には限界がある」。

 例えば、病原菌の汚染が疑われる飲料水は煮沸消毒が一般的だと、
カリコ氏は説明する。しかし、手洗いに使う“温”水は、どんなに熱くても摂氏40〜55度の間。
55度ならある程度は殺菌できるが、菌が死ぬまで洗い続ければヤケドしてしまう。

 カリコ氏の研究チームが科学文献を見直した結果、「人が耐えられる温度の水に殺菌効果があるという
証拠は見つからなかった」。4.4度の冷水でさえ、手をこすって洗い、
すすいできちんと乾かせば、減菌効果は温水と変わらないようだった。

 つまり、手洗いに温水を使う必要は全くない。それどころか、環境問題を考えれば、
無駄を通り越して逆効果だとカリコ氏は断言。
同氏らの調査によれば、64%のアメリカ国民が温水で手を洗っているという。
この数字を基に計算した結果、地球に及ぼす重大な影響が明らかになった。
posted by iphone at 12:46| 日記

「プア充」に共感できる? できない?

「プア充」、共感できる? こんな調査がヤフーの意識調査で行われたのは11月中旬。
「プア充」とは宗教学者の島田裕巳氏が著書『プア充―高収入は、要らない―』で提唱した言葉で、
年収300万円でも希望にあふれ豊かで幸せな生活が送れること、「そこそこ働き、企業に縛られず、
自分の生活を生き生きさせていく」考え方だという。
俄かに浸透しつつあるこの「プア充」という言葉に、世間の反応は?

■「年収300万円だからこそいい」は本当? 「世の中そんなに楽じゃない」の声も
ヤフーが行った意識調査「『プア充』、共感できる?」(実施期間11月14日〜24日)には
3521人が投票(男性80.5%、女性19.5%)。結果は「共感できる」が50.4%、
「共感できない」が49.6%と真っ二つに割れた。
コメント欄には、「共感できる」派の意見と思われるものに
「年収200くらいで子ども3人いるけど。当たり前のことだけど、毎日、楽しいよ」(女性)、
「共感できない」派の意見と思われるものに、
「そこそこ働くだけで『生活を生き生きさせる』ことなんてできるのかね?」(男性)、
「世の中そんなに楽にいかへん」(男性)などがあった。

島田氏はインタビュー「年収300万円だからこそいい “プア充”提唱者が語る、女性が本当に
幸せになれる結婚とは?」、「出産・子育ても年収300万円で十分! リスクだらけの高収入男性より、
”確実な幸せ”をつかむべし」の中で、昔よりもお金をかけずに娯楽を楽しめる方法がたくさんあることや、
「少ないお金のなかでやりくりする」ことの大切さを説いている。
また、教育費については「高校まで公立なら実質タダ」とし、学歴主義が今後なくなっていくのでは
という予測も。本当に年収が低くても「豊かな暮らし」は叶えられるのかという
インタビュアーの問いにひとつひとつ答えている。

■「低年収で工夫する楽しさもある」「上昇志向がないのはダメ」、それぞれの意見
晩婚化、非婚化が問題となっている現代において、独身者のなかには「この年収で結婚できるのか」
「この先給料が上がるかわからないのに結婚できるのか」「子どもができても暮らしていけるのか」
といった不安を持つ人も少なくないだろう。彼らにとって、「プア充」の考え方は安心を
与えてくれるもののようにも感じられる。意識調査で共感派と共感しない派が真っ二つに割れた
理由はなんだろう。20〜40代の男女に話を聞いた。

【「プア充」に共感する派】
「たとえばお金がたくさんある人が必ず幸せかというとそうでもない。
人生を楽しめるかどうかは、いくら稼げるかよりも、人生を楽しむ気持ちがあるかどうかではないか」
(20代男性/年収200万円代)
「貧乏を『我慢』するのはイヤだが、限られた年収のなかでいかに楽しむかという工夫をするのは
楽しそう」(30代男性/年収300万円代)
「実際に今自分は年収が少なくても充実しているので」(30代女性/年収300万円代)
「人生には失敗もあれば成功もある。うまくいかなかったときは気持ちを切り替えて
『プアでも充実』を目指してもいいのでは」(30代男性/年収600万円代)
posted by iphone at 12:46| 日記

東京電力、10年後に1兆円の料金下げ 柏崎刈羽原発が全7基再稼働なら

東京電力が年内にまとめる新たな総合特別事業計画(再建計画)で、
柏崎刈羽原発(新潟県)7基をすべて再稼働できれば、段階的に電気料金を値下げし、
10年後には現在の水準と比べ、年間で最大1兆円規模の値下げを盛り込む方向で
調整していることが17日、分かった。
新計画では、原子力規制委員会が安全審査中の柏崎刈羽6、7号機を
来年7月、1、5号機を27年春、2、3、4号機を28年度までに順次再稼働する
と想定している。

東電は福島第1原発事故による経営悪化で、昨年4月に企業向けの電気料金を
平均14.9%、同9月には家庭向けも平均8.46%値上げし、
値上げによる増収額は年間6千億円程度に上る見通し。
一方、原発停止に伴って増大している火力発電用の燃料費を削減するため、
老朽化した火力発電所を建て替えて効率を高める方針だが、
自己資金が不足していることから、他の企業に出資を仰ぐほか、燃料の共同調達も
視野に入れる。

東電は、これらの施策で収益を改善し、今後10年間で電気料金を段階的に
引き下げる方針という。
posted by iphone at 12:45| 日記

福永祐一騎手&松尾翠が都内で挙式 先週の京都に続き2週連続

 今年8月にJRAの福永祐一騎手(36)と結婚し、現在第1子妊娠中のフリーアナウンサー松尾翠(30)が、
17日付の自身のブログで、きのう16日に東京都内で結婚式を挙げたことを報告した。二人は今月9日に
京都市内で挙式と披露宴を行っており、今回は場所を東京に移しての祝宴となった。

 松尾アナは、当日の2ショット写真などを掲載し、「平日の夜にも関わらず
たくさんの友達や同僚先輩後輩仲間たちがきてくれて。。まだ興奮さめやらぬ状態」と
感激の様子。さらに、「改めてまた、本当にまわりの人たちに恵まれていることを実感した
一日でした 感謝でいっぱいです!!!」と幸せいっぱいに綴っている。

 二人は、今年3月に福永騎手との婚約を発表し、8月に結婚。現在第1子妊娠中で、
来年3月出産を予定している。また、今月9日に京都市内の下鴨神社で挙式、
グランヴィア京都で披露宴を行っていた。
posted by iphone at 12:44| 日記

2013年12月16日

WWF(世界自然保護基金)がiPhoneアプリ「ZANPANDA」を公開

★ 食べ残しをシェアするiPhoneアプリ「ZANPANDA」(ザンパンダ)をWWFジャパンが提供

 WWF(世界自然保護基金)ジャパンが、食べ残しを周囲の人におすそわけできるiPhoneアプリ
「ZANPANDA」を提供している。

 日本人の食生活が環境に与えている影響や、環境に配慮した「食べ方」を考えるきっかけ
になることを目的としている。

 「忘年会や新年会で盛り上がる中、ふとテーブルを見ると、そこには大量の食べ残しが」――。
そんな時、「ZANPANDA」を起動し、食べ残しの写真をアップ。リクエストを承認すればおすそわけ成立となる。

 「食べ物を無駄にしないという、誰でもできる『アクション』を入り口にし、単なる啓蒙ではなく、
体験や話題性を通じて、『食』と環境の問題について親しみやすく考えるキッカケを提供するため」に
制作したとコメントしている。

 なお、今回の企画には同コンセプトのもと昨年4月にリリースしたiPhoneアプリ「ZangPang」を
開発したカヤックも協力している。
posted by iphone at 19:45| 日記